大工道具について

大工道具で思い浮かぶのは何ですか? 私たちはこんな大工道具も使っています。

はじめて耳にする大工道具もあるのではないでしょうか。


丸鑿(まるのみ)

刃先の断面が半円弧状になっている鑿。
玄翁などで鑿の頭を叩いて使う叩き鑿のひとつ。
厚丸鑿と壺鑿がある。
厚丸鑿は凹曲面を削るときに使い、壺鑿は
厚丸鑿で削った後の仕上げに使用する。
追入鑿(おいれのみ)左市弘 作
ほぞ穴をあけたり、狭小な部分を削るときに
使う鑿は、大工道具の中で最も種類が多い
工具。その中でもよく使われるのが追入鑿。
精度が要求される造作仕事の主役。
鎬鑿(しのぎのみ)左市弘 作
「鎬」とは、日本刀の背の両側に見られる稜線。
そして、鑿の表の中央部分に鎬があるのが鎬鑿。
突鑿の一種。玄翁を使わず腕の力だけで削る。
二辺が鋭角に接する入隅部の仕上げなどに
出番があります。
敲き鑿(たたきのみ)

簡単な字で叩き鑿とも書く。
家の構造材の加工などに使う、追入鑿よりも
大きい鑿。1分〜1寸5分くらいまでサイズは
いろいろある。
玄翁(げんのう)

鑿の叩き込みや釘を打つのに使われる道具。
源翁、玄能とも書く。叩く面の一方は純粋な平ら。
もう一方は中央がわずかに丸く盛り上がっている。
これが「木殺面」(きごろしめん)。
釘打ちの終わりに叩き締めたり、木の表面を
傷つけないための面。
槍鉋(やりがんな)

穂の長さは3寸〜5寸位。柄の長さは15寸位。
両刃で、刃は先端に向かって上方に反っている。
昔チョンナで木をはつった後、槍鉋で仕上げた。
また法隆寺の柱もこれで仕上げてある。
研ぐのは非常に難しく怪我をしやすいので注意
が必要。
突鑿(つきのみ)

穂丈4寸、軸丈4寸、柄丈1寸1尺。大突鑿
ともいう。穴の仕上げに使ったり深い穴や幅の
広い継ぎ手面を削る時に使う。穂と軸が長い
のが特徴。柄には下り輪は無い。
平鉋(ひらがんな)

代表的な鉋のひとつ。長さは27cm前後。
一枚鉋と合鉋(あわせがんな)がある。一枚鉋
を使いこなすには熟練の技が必要。現代では
逆目を止めるために裏金がついた合鉋が
一般的である。
千代鶴貞秀の夕凪、乱菊、黒蜥蜴。
 石堂の飛雲(初代)、久遠、時空
   
反り台鉋(そりだいがんな)

鉋台の下面を舟底形に反らせた鉋。
工作物の表面を凹曲面に削るときに使う。
台の長さは短く、鉋身の幅は小幅。下面の湾曲
ぐあいは、それぞれの用途に応じて調整する。    
脇取り鉋(わきとりがんな)

敷居、鴨居などの溝の側面を美しく仕上げる鉋。
小刀を鉋台に差し込んだような独特の形を
している。仕込まれる鉋刃は、下端に垂直。
右用、左用の二種類がある。    
鉞(まさかり)

杭などの先を削ったり、丸太などの側面を削り
取る時に使われます。斧の一種であるが、
普通の斧と呼ばれるものよりも刃先幅が広い
のが特徴。古くはタヅキと呼ばれていた。    
水平器(すいへいき)

柱や大引などが正確な水平または垂直になって
いるかどうかを調べる道具。上面の中央にある
ガラス管の水中に気泡を一つ入れそれが頂点の
マークの中に収まっているとき、台の下面が水平
であることを示す。    
自由矩(じゆうがね)

角度を自由に調節できる定規。目盛りはなく、
「斜角定規」とも呼ばれている。使い方は斜線
を引いたり、角度を写したり、折り畳み式の
大工道具で現在の多くはステンレス製。
曲尺(さしがね)

寸法や角度を測ったり、直線や曲線を描くの
に使用される。表面には表面という寸目盛り
がつき、裏面には√2倍の目盛り(裏目)
や直径や円形の関係がわかる丸目といった
目盛りがついている。
留定規(とめじょうぎ)

45度の角度に線を引くための定規。
現在はステンレス製が主流だが、昔は端切れ
を使って大工が自作した。木口を見せずに材の
角を接合する工作を「留め」といい、その
「留め線」を引くのに使用される。
墨差し(すみさし)

直線を引いたり、文字、記号を書くための道具。
竹でつくられる。一方の端は先端を細かく割った
刷毛形のへら状で、もう一端は金槌で叩いて
つぶした棒状。へら状の方は線を、棒状の方は
文字や記号を書くのに使用される。
墨壺(すみつぼ)

直線を引く為に用いられる道具のひとつ。
穴を開けて墨を溜め、その中に糸をくぐらせ
糸の先端の鋲を差して固定し、糸を弾いて
直線の墨付けをする。距離の長い正確な直線
が引け、現在においても重宝な道具である。
砥石(といし)

刃物を研磨する道具。天然砥石と人造砥石が
ある。天然砥石は、石英や長石などが粘土に
よって結合したもの。かつては全国各地から
産出。昔の大工職人は、良質の砥石を得る為
大金をつぎ込むこともあった。
鑢(やすり)

金属を削る工具。鋸歯を研ぐ場合などに用いる
鋸葉を鋭くしたり、鋸歯の先端の曲げを調整
したりする作業を「目立て」という。目立て用
鑢には、目の粗い摩込鑢、目の細かい仕上鑢、
上目鑢がある。